このサイトの節約方法でできた一人頭の年間節約金額 現在「59871円」

冷蔵庫カーテンをつけるよりも設定温度を調節するほうが〇円お得!?

冷蔵庫節約知識
この記事は約3分で読めます。

冷蔵庫の電気代節約にはカーテンよりも温度調整!!

冷蔵庫の節約と聞くと、「冷蔵庫カーテンをつけるといい」と思う方が多いでしょう。

冷蔵庫カーテンとは、冷蔵庫の冷気を逃がさないように、ドアの部分に張り付ける透明なビニールカーテンのようなもの。

百均でも売っているお手軽節約アイテムなのですが、実はこれを使うと逆効果になることも……!!

冷蔵庫の設定温度は何度ですか?

冷蔵庫

皆さん、自分の家の冷蔵庫の設定温度は何になっていますか?

恐らくたいていは購入時のままで、強か中になっているのではないでしょうか。

実は冷蔵庫、この強設定だと87.7円ほどに。
(家庭用冷蔵庫換算)

現代の日本の冷蔵庫はかなりの気密性があり、真夏でもそこまでが良きによって温度が変化することはありません。

もちろんぎゅうぎゅうに食べ物を詰め込んだり、熱々のお鍋をそのまま突っ込んだりした場合は例外ですが、そうでないなら弱設定でも十分冷蔵庫内を冷やせるのです

心配なのは冷蔵庫を開け閉めすることによって、庫内の温度が上がってしまうことですが、取り出す前に何がどこにあるかを把握しておき、ササっと手早く出す分には問題ありません。

例外

  • 熱々の食べ物をそのまま入れる。
  • ぎゅうぎゅうに食べ物を詰め込む。
  • 冷蔵庫が古い。
  • 何度も冷蔵庫を明け示したり、開けっ放しにする。

このような例外事項が心配な方は、弱ではなく中にするなどしてみて、問題がないかを確認しながら節約すると良いでしょう。

強⇒弱で月〇〇円の節約に

この冷蔵庫温度を強から弱にした場合、なんと電気代は1日59.4円!!

1日で28.3円の節約になります!!

家庭用大型冷蔵庫の場合、電気代も大きくなる分節約での違いも分かりやすいのですが、一人暮らしの冷蔵庫でもしっかりとその違いは判るでしょう。

冷蔵庫カーテンが逆効果の理由

逆効果

因みに、「だったら冷蔵庫の設定を弱にして、冷蔵庫カーテンをつけたらさらに節約になるんじゃないの?」って思われるかもしれませんが、そこは残念!!

実は、冷蔵庫カーテンは確かに冷気を逃さないといった、節約効果はあるのですが、今どきの冷蔵庫は温度センサーがとても敏感で、カーテン部分にセンサーが触れたりすると、温度調整が不安定になることが多いそうなのです。

また、カーテンがある分、ドア側の卵や牛乳に冷気が当たらず、保冷効果がかなり減ってしまうこともあるため、節約術としては実は冷蔵庫カーテンはお勧めできなかったりするのです(汗)

それなら、冷蔵庫カーテンを使うのではなく、すぐに物をサッと出せるように常に整理整頓をして、冷蔵庫に物を詰め込まないようにしておいた方が、よほど節約になります。

違いを知ろう

冷蔵庫を強の状態で使っていると、電気代は1日87.7円。

弱にした場合1日59.4円になりますので、その節約代は1日28.3円!!

1か月で849円。

1年で10188円の節約になります!!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました