このサイトの節約方法でできた一人頭の年間節約金額 現在「59871円」

冬場は「プチプチ」で大幅保温効果!!

窓の暖房節約アイデア
この記事は約4分で読めます。

窓にプチプチ(緩衝材)を貼って冬の光熱費削減に

冬になるとどうしても上がってしまう電気代。

電気代でなくとも、灯油代がかかるのは寒いから。

いくら厚着をしていたとしても、流石に真冬は暖房無しではきついのですが、「窓にプチプチを貼る」というたったこれだけのことで、室温が最大6度くらいまで上がるという結果もあるんです。

では、費用対効果はどれほどのものか見てみましょう。

プチプチを窓に貼ると暖かくなる理由

冬、室内が冷えるのは、窓からの冷気による理由が大きいから。

四方八方を壁に覆われていて、日本の家屋はその壁の中に断熱材が入っています。

そのため、壁から寒くなるということはないのですが、窓はサッシの隙間や窓自体が冷えて冷気を室内に流れ込ませてしまうのです。

冷気

一軒家の場合床から冷えるということもあるのですが、鉄筋コンクリートのマンションの2階以上寒さが気になる場合は、大半が窓から入り込む冷気のせいだと思って間違いなし!!

そんな窓に、空気の層がプチプチと入っている緩衝材、その名もプチプチ(笑)を貼ることで外から入ってくる冷気を遮断し、室内の保温性を高めるのです。

因みにプチプチは透明なので窓から入ってくる太陽の光は室内に通し、温め、冷たい空気が入ってくるのを防ぐため、本当に断熱材として優れた一品なのです。

やり方

やり方は簡単。

窓にプチプチを貼っていくだけ。

とはいえ、ちょっとしたコツも。

もし、あなたが頻繁に換気をするタイプで、窓の開け閉めをよく行うようであれば、窓が開けやすいようにガラス部分にプチプチを貼る。

ガラス版

道路沿いだったり、花粉症でそんなに窓を開けることがない……という場合は、窓枠側に張り付けてより保温効果を上げるのもあり。
サッシからも冷たい空気が入ってくるので、ガラスに貼るだけよりも、窓枠からがっつり覆うように貼った方が冷気が入りにくいのです。

窓枠版

どちらにせよ、用意する物は2点。

プチプチ……Amazonで60センチ×42メートルで1400円くらいで買えます。ワンルームなどでしたら100均の物でも足ります。
剥がせる両面テープ……おすすめは3Mコマンドタブ。小さい物なら16枚入り300円で買えます。

やり方は簡単。

窓に直接貼りたい人は、窓を軽く拭いて(湿気や油があるとはがれてしまいます)。

四隅に両面テープを貼って。

プチプチを貼るだけ。

窓

そんなに窓を開けないので、窓枠にガッツリつけたいという方は、窓枠(木枠)の四隅に両面テープを貼って、プチプチを貼りましょう。

窓

因みに、たまには開けるけどしっかり保温効果を得たい……という場合は、一つの窓に対してプチプチを2枚用意して、中央部分で重なるようにして貼れば、窓の開け閉めが比較的やりやすいのでお勧めです

窓

節約代はいかほどに?

さて、たったこれだけの作業でどれほど暖かくなるか……というと、ネット上での声を調べると最大6度~1度という結果に。

私自身は家でこのプチプチを試した時には2~3度部屋が暖かくなったので、平均して3度は暖かくなると考えても良いのではないでしょうか。

エアコンの暖房の電気代は1度下げると10%安くなると言われていますので、3度で30%。

冬の暖房代は1日6時間使ったとして、1か月で大体2,263円。

2,263円から30%引くと、1,636円となり、1か月で627円の節約になります。

暖房が必要な冬シーズンは11・12・1・2月のおよそ4か月間ですので、627円×4か月=年間2508円の節約になります。

プチプチの値段が700~1000円くらいですが、普通に使っていれば何年も使える物ですので、2か月で元は取れますし、それ以降の節約効果を考えるとやっておいて損はない節約術です。

因みに、私は今もこのプチプチを窓に貼るという節約術を好んで行っているのですが、それは「寝起きの室内が暖かいから」。

寝ている間エアコンやヒーターを消していると室温がぐんぐん下がるのですが、このプチプチを窓に貼っておくと寝起きが辛くないし、ヒーターを消していても室温の下がりが遅くなるので、部屋が暖かいままで過ごせるという利点がいいんです!!

違いを知ろう

窓にプチプチを貼って冷気を遮断しておくと、年間約2508円の節約に!!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
この記事を書いた人
川島 千夜

普段は小説を書いたりイラスト描いたりとフリーダムな自営。
一人暮らしと同時に親の墓地を建てるために、月収18万で5万を貯金に回すという、貧乏生活から学んだ節約術を少しでも提供できればと、このブログを始めました。

川島千夜をフォローする
節約アイデア
川島千夜をフォローする
違いがわかる節約事典

コメント

タイトルとURLをコピーしました