このサイトの節約方法でできた一人頭の年間節約金額 現在「59871円」

湯沸かしはフタをするだけで時間もお金も節約できる

フタ節約知識
この記事は約3分で読めます。

お湯を沸かす時にフタをするだけで年間○○円と○○時間の節約が!!

お鍋でお湯を沸かす時。

お風呂を沸かす時意外と忘れがちなのが「フタ」をすること。

ですが、この「フタ」閉めると閉めないとで、かなりの節約度に違いが出てくるんです。

もちろん、閉めた方がいい……というのはわかるかと思いますが、どれくらい違うかを知ると……「絶対に閉めた方がいい」に変わります!!

そんな湯沸かしについて、キッチンとお風呂2種類の違いをお伝えします。

お鍋のフタをして年間四桁の節約を!!

鍋フタ

まず、お鍋でお湯を沸かす時のガス代ですが、1Lのお水を沸騰させるのにガスを使う時間は……

  • フタありの場合……6分50秒
  • フタ無しの場合……8分30秒

この時点で1分40秒の差が出います。

東京ガスだとガス代が

強火(2.97kW) 約37円
中火(1.68kW) 約21円
弱火(0.38kW) 約5円

となっていますので、1時間強火で沸騰させるとなると「2.97(kW)×3.6(MJ/h)×1(h)÷45(MJ/㎥)×151.74(円/㎥)=35.98」

つまり、1時間で約36円。1分辺り0.6円かかっていることになるので、フタありの場合3.9円、フタ無しの場合4.98円で、約1.1円の違いが生じることになります。

一見すると「1円か……」と思いますが、お湯は大体朝昼晩3回(お勤めの場合は2回)、煮込み料理などする場合、長いと5分くらいの差が平均的に出てきますので、3回/日×7円×365日=7665円も違いが生じてしまいます。

しかも時間が1分違うと年間で18時間くらい差が出てしまうことになります。

チリを積もらせて山となってしまうのが、出費。

そんなチリを積もらせないように、お鍋を使う時は必ずフタをするようにしましょう!!

お風呂のフタを年間四桁の節約を!!

風呂フタ

お鍋より1回でもっと大きな差が出てしまうのがお風呂。

お風呂の場合、蓋をすることで1回ガス代5円の節約になると言われています。

もし、毎日お風呂に入る人の場合365日×5円で、1825円の節約になります。

もし引っ越しをしてお風呂にフタが付いていない場合は、大家さん(不動産)に言えばつけてもらえますし、安い物ならホームセンターで500円くらいで買えますので、ぜひお風呂にフタはするようにしましょう。

もちろん、大幅な時間の節約にもつながります!!

 

違いを知ろう

お鍋にフタをしてお湯を沸かした場合、年間約7665円の節約に。

お風呂にフタをしてお湯を沸かした場合、年間約1825円の節約になります。

二つ合わせると、フタをするだけで年間9490円の節約に!!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
この記事を書いた人
川島 千夜

普段は小説を書いたりイラスト描いたりとフリーダムな自営。
一人暮らしと同時に親の墓地を建てるために、月収18万で5万を貯金に回すという、貧乏生活から学んだ節約術を少しでも提供できればと、このブログを始めました。

川島千夜をフォローする
節約知識
川島千夜をフォローする
違いがわかる節約事典

コメント

タイトルとURLをコピーしました