このサイトの節約方法でできた一人頭の年間節約金額 現在「39535円」

はじめにお読みください

注意事項挨拶
この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

違いが分かる節約事典のご注意

違いがわかる節約事典にきてくださり、ありがとうございます。

当ブログでは、「節約の知恵」「節約レシピ」「ちょっとした副業」なんかの紹介をしております。

私が極貧の新社会人の時に編み出した「月18万の手取りから、毎月3~5万を貯金に回す」という節約の知恵を、景気低迷と言われる今の時代のお役立ちアイデアとして提供できればなと思っています。

ただし、当時から物価価値は変わっており、消費税も5%から10%へと変わっています。

また、家電性能なども大きく変わっているため、今ではもう、月13万で生活したら死んでしまうかもしれません(というか、当時でも死にそうではありました)。

ですので、ここ「違いがわかる節約事典」に書かれている節約情報などはあくまでも参考に。

また一応調べてはいますが、価格帯、節約できた金額などに誤差が生じることもありますので、ご了承ください。

注意点

  • 当ブログの節約金額などに関しては絶対ではなく、誤差が生じることがあります。
  • 当ブログの節約アイデアを真似して出た支障・問題に関しては責任は負えません。自己責任にてお願いします。
  • 家電製品などは性能によって電気代などに差が出てしまいますので、絶対的な数値だという保証はありません。
  • 当ブログの節約アイデアは、あくまでも「参考」としてご覧ください。
  • 当ブログのすべての文章・画像の無断転載・流用はご遠慮ください。
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
この記事を書いた人
川島 千夜

普段は小説を書いたりイラスト描いたりとフリーダムな自営。
一人暮らしと同時に親の墓地を建てるために、月収18万で5万を貯金に回すという、貧乏生活から学んだ節約術を少しでも提供できればと、このブログを始めました。

川島千夜をフォローする
挨拶
スポンサーリンク
川島千夜をフォローする
違いがわかる節約事典

コメント

タイトルとURLをコピーしました